› 楽器の店 Pon Polo Pooh 石川県白山市中町 › 商品(ギター) › ◆MartinCTM情報◆店主肝いりのカスタムギター入荷です!

2018年12月25日

◆MartinCTM情報◆店主肝いりのカスタムギター入荷です!

6月に店主自らアメリカのMartin本社に赴き
材選定を行い、製作を依頼してきた
カスタムギター数本の内、1本が入荷です。

このギターの特徴は
なんといっても
サイド&バックに使用した材木です。
「COCOBOLO」

ココボロという木材は、
マメ科でブラジリアン・ローズウッドに
代わる材として
注目されている高価なものです。






ココボロは中南米に生息し、

サザンアメリカンローズウッドとも言われます。

ブラジリアン・ローズウッド(通称ハカランダ)は

ワシントン条約によって

輸出入が厳しく管理され、

もはや入手困難な材で有名ですね。

このワシントン条約では附属書I/II/IIIで分類され、

附属書Iで指定されているブラジリアン・ローズウッドは、

「絶滅のおそれのある種で取引による影響を受けている

又は受けるおそれのあるもの」として指定されています。



で、ココボロはというと・・・

ワシントン条約附属書IIで指定され、

「現在は必ずしも絶滅のおそれはないが、

取引を規制しなければ絶滅のおそれのあるもの」とされており、

希少材となっています

では、今回、完成し入荷した

ギターをご紹介しましょう。

まずは、バックの杢目をご覧下さい。



この"Cocobolo(ココボロ)"材は、

ブラジリアン・ローズウッドのような

個性的で美しい杢目が印象的ですが、

ブラジリアン・ローズウッドの杢目とは若干違います。

ココボロはブラジリアン・ローズウッドよりも

サイケデリックな杢目をしており、

その杢目から

世界的有名絵画の「ムンクの叫び」とも言われてます。

赤褐色のような色合いのものが多く見受けられますが、

ココボロも一つ一つ個性が違います。

サウンドの特性としては、

ローズウッドに近い印象ですが、

サスティーンがあり倍音も豊かで、

独特の粘り、腰も感じられます。

当店のモデルは、さらに12fジョイントで

しかも、スロテッドヘッドを採用し

個性をよりマニアック好み仕様としました。

さらに、このサンバーストもいい感じでしょ♪









D-28CTM/Cocobolo
↓  ↓  ↓
PPP販売価格
¥ASK


販売価格は、お問い合わせ下さい。
Martinカスタムショップでの製作ですので
まさに世界にオンリーワンのギターです。












同じカテゴリー(商品(ギター))の記事画像
ジャパンヴィンテージ 「Jumbo」の登場です!
■中古品情報■ 美品オービルのES335です!
◆アコギ入荷情報◆ Martin 00-21CTM
◆中古品情報◆ Martin HD-28 (2015) USED品
◆中古品情報◆ Hofner ヴァイリンベース USED品
◆中古品情報◆Martin D-35 1980年製 USED品
同じカテゴリー(商品(ギター))の記事
 ジャパンヴィンテージ 「Jumbo」の登場です! (2019-03-13 07:00)
 ■中古品情報■ 美品オービルのES335です! (2019-02-08 13:47)
 ◆アコギ入荷情報◆ Martin 00-21CTM (2019-02-03 06:00)
 ◆中古品情報◆ Martin HD-28 (2015) USED品 (2019-02-01 06:00)
 ◆中古品情報◆ Hofner ヴァイリンベース USED品 (2019-01-31 06:00)
 ◆中古品情報◆Martin D-35 1980年製 USED品 (2019-01-29 14:05)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
◆MartinCTM情報◆店主肝いりのカスタムギター入荷です!
    コメント(0)